コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魹ヶ崎 とどがさき

5件 の用語解説(魹ヶ崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魹ヶ崎
とどがさき

岩手県東部,宮古市重茂半島(おもえはんとう)の東端にある岬。東経 142°4′21″で,本州の最東端。太平洋に臨む断崖上に魹ヶ崎灯台があり,電波標識,音波標識,気象観測などの施設をもつ,三陸沿岸最大の航路標識となっている。付近は三陸復興国立公園に属する景勝地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とどがさき【魹ヶ崎】

岩手県宮古市重茂(おもえ)半島の東端にある岬。本州の最東端で東経142゜4′35″にある。アカマツに覆われた魹山(465m)の東麓の海食崖上には映画《喜びも悲しみも幾歳月》の舞台にもなった魹ヶ崎灯台がある。霧信号所,中波ビーコン局,船舶気象通報電話などもあり,三陸沖を航行する船舶の重要な航路標識となっている。海岸はアワビワカメの産地で,里地区には宮古市街からバスが通じている。【川本 忠平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヶ崎
とどがさき

岩手県中東部、宮古(みやこ)市重茂(おもえ)半島の東端にある岬。本州の最東端で、東経142度4分21秒。太平洋に面して断崖(だんがい)をつくり、山(465メートル)とアカマツを背景に、高さ30メートルの白亜の灯台がある(灯台名の表記は「ヶ埼」)。32万燭光(しょっこう)が海上38キロメートルを照らし、三陸沖の重要な航路標識となっている。三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)域で、JR山田線宮古駅から途中までバスの便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone