コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魹ヶ崎 とどがさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魹ヶ崎
とどがさき

岩手県東部,宮古市重茂半島(おもえはんとう)の東端にある岬。東経 142°4′21″で,本州の最東端。太平洋に臨む断崖上に魹ヶ崎灯台があり,電波標識,音波標識,気象観測などの施設をもつ,三陸沿岸最大の航路標識となっている。付近は三陸復興国立公園に属する景勝地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とどがさき【魹ヶ崎】

岩手県宮古市重茂(おもえ)半島の東端にある岬。本州の最東端で東経142゜4′35″にある。アカマツに覆われた魹山(465m)の東麓の海食崖上には映画《喜びも悲しみも幾歳月》の舞台にもなった魹ヶ崎灯台がある。霧信号所,中波ビーコン局,船舶気象通報電話などもあり,三陸沖を航行する船舶の重要な航路標識となっている。海岸はアワビ,ワカメの産地で,里地区には宮古市街からバスが通じている。【川本 忠平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とどがさき【魹ヶ崎】

岩手県宮古市、重茂おもえ半島先端、本州最東端の岬。断崖海岸とアカマツの美林が見られる陸中海岸の景勝地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヶ崎
とどがさき

岩手県中東部、宮古(みやこ)市重茂(おもえ)半島の東端にある岬。本州の最東端で、東経142度4分21秒。太平洋に面して断崖(だんがい)をつくり、山(465メートル)とアカマツを背景に、高さ30メートルの白亜の灯台がある(灯台名の表記は「ヶ埼」)。32万燭光(しょっこう)が海上38キロメートルを照らし、三陸沖の重要な航路標識となっている。三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)域で、JR山田線宮古駅から途中までバスの便がある。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

魹ヶ崎の関連キーワード岩手県宮古市陸中海岸閉伊崎美林

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android