コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯥五郎 ムツゴロウ

デジタル大辞泉の解説

むつごろう〔むつゴラウ〕【×鯥五郎】

ハゼ科の海水魚。全長約20センチ。目は頭頂部に突き出ていてよく動く。体色は暗緑色で、体側とひれに青色の斑点がある。日本では有明海八代海に生息。皮膚呼吸もでき、泥上を胸びれではいまわったり、全身で跳ねたりして移動し、珪藻(けいそう)類を食う。かば焼きなどにして賞味。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むつごろう【鯥五郎】

スズキ目の海魚。全長18センチメートル 近くなる。ハゼの一種で、腹びれは吸盤状、目は頭頂部につき出している。干潟を全身ではねたり、胸びれではいまわったりする。日本では有明海・八代海の特産。食用。朝鮮半島・台湾・中国・ミャンマーなどにも分布。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鯥五郎 (ムツゴロウ)

学名:Boleophthalmus pectinirostris
動物。ハゼ科の水陸両生魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鯥五郎の関連キーワードミャンマー朝鮮半島分布特産干潟海魚食用

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android