鯨鯢(読み)けいげい

精選版 日本国語大辞典「鯨鯢」の解説

けい‐げい【鯨鯢】

〘名〙 (「けい」は「」の漢音。「鯨」はおすのクジラ、「」はめすのクジラ)
① クジラのおすとめす。また、クジラの総称小魚を食いつくす猛悪な大魚のたとえにも用いる。
※三教指帰(797頃)上「咀嚼毛類、既如師虎。喫噉鱗族、亦過鯨鯢
② 弱いものをひと呑みするような大悪人のたとえ。悪徒首領巨賊
※菅家後集(903頃)読開元詔書「茫茫恩徳海、独有鯨鯢横」 〔春秋左伝‐宣公一二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鯨鯢」の解説

げい‐げい【鯨×鯢】

《「鯨」は雄クジラ、「鯢」は雌クジラ。古くは「けいげい」とも》
クジラ。また、大魚。
大悪人のたとえ。悪党の首領。
「海に—をり、遠近ことごとく逆浪の声をむ」〈太平記・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android