コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独活 ウド

デジタル大辞泉の解説

うど【独活】

ウコギ科の多年草山野に生え、高さ約1.5メートル。茎は太く、葉は羽状複葉で、互生する。夏、薄緑色の雄花雌花とが球状につく。若芽は柔らかく、香りがあり、食用。栽培もされる。 春 花=夏》「―の香や岨(そば)に下駄はく山の児(ちご)/白雄
[補説]漢名として慣用された土当帰(どとうき)は誤用。英語でもudo(ウド)。

つち‐たら【独活】

ウド古名。〈和名抄

どっ‐かつ〔ドククワツ〕【独活】

ウド根茎シシウドなどの根を乾燥したもの。漢方で発汗解熱・鎮痙(ちんけい)・鎮痛薬などに用いる。羌(きょうかつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

どっかつ【独活】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ウコギ科ウド根茎(こんけい)を乾燥させたもの。発汗鎮痛鎮静鎮痙(ちんけい)解毒などの作用がある。肩こり五十肩に効く独活葛根湯(かっこんとう)化膿(かのう)性の腫(は)れ物および湿疹(しっしん)に効く十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うど【独活】

ウコギ科の多年草。山地に自生し、また野菜として栽培する。高さ2メートルに達する。葉は大形の羽状複葉で、小葉は卵形。茎葉に細毛がある。夏、茎頂に淡緑色の小花多数が球形に集まって大形の花序をなす。若い茎は独特の香りと苦みがあり、食用にする。どっかつ。 [季] 春。 《 雪間より薄紫の芽-かな /芭蕉 》 〔「独活の花」は [季]夏。《山淋し萱を抽んづ-の花/島村はじめ》〕
[句項目]

つちたら【独活】

ウドの古名。 〔和名抄〕

どっかつ【独活】

( 名 ) スル
うど(独活) 」に同じ。
ひとりで自立して生活すること。 「東京に在りて-する職なきや否やを/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

独活 (ウド)

学名:Aralia cordata
植物。ウコギ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の独活の言及

【シシウド】より

…若い葉は食べられる。シシウドの類の根や根茎を独活(どつかつ)というが,これにはシシウドのほかにも数種のセリ科植物が含まれている。風邪やむくみの治療に用いる。…

※「独活」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独活の関連キーワードアシタバ(明日葉)桜塚やっくんエゴノリ坂上二郎都知多良杉咲佳穂北脇 昇田代松意月亭方正豆知太良猪独活発汗剤大阪府松意土楤独歩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独活の関連情報