コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷川 だいやがわ

6件 の用語解説(大谷川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大谷川
だいやがわ

栃木県の中西部を東流する鬼怒川の支流。全長 29.9km。中禅寺湖に発するが,中禅寺湖から華厳滝までは大尻川,滝から下流を大谷川という。急流をなし,支流にも裏見,寂光,白糸などの滝が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいや‐がわ〔‐がは〕【大谷川】

栃木県日光市を流れる川。西部の中禅寺湖から発して東流し、塩谷町との境で鬼怒川に注ぐ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大谷川【だいやがわ】

栃木県西部の川。長さ29km。華厳滝(けごんのたき)に発して東流,今市市(現・日光市)から扇状地を形成し,鬼怒川に合流する。中流に日光があり,神橋がかかる。北側の日光火山群から合流する諸支流には霧降滝裏見滝,雲竜瀑など有名な滝が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいやがわ【大谷川】

栃木県日光・今市両市域内を流れる川。中禅寺湖に発し,東流して高さ97mの華厳滝(けごんのたき)となり,神橋(しんきよう)を経て鬼怒川に合流する。幹川流路延長30km,全流域面積259km2。華厳滝となって流下するまでを大尻(おおじり)川と通称する。上流部馬返から華厳滝までの華厳渓谷は深い谷をなし,その一部は華厳滝の後退により形成された。荒沢,田母(たも)沢,稲荷川など,支流は北から流入するものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいやがわ【大谷川】

栃木県日光市内を流れ、鬼怒川に注ぐ川。水源は中禅寺湖で華厳滝となって流出。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷川
だいやがわ

栃木県西部、日光市を流れる川。中禅寺(ちゅうぜんじ)湖に発し、華厳(けごん)滝となって落下したあと、清滝(きよたき)地区で左沢(ひだりさわ)川をあわせ、男体(なんたい)山腹の荒沢、女峰赤薙(あかなぎ)山腹に発する稲荷(いなり)川、鳴沢(なるさわ)川をあわせつつ日光、今市の両市街地を貫流して鬼怒(きぬ)川に注ぐ。流路延長29.9キロメートル。水質の環境基準はA類型。清滝から下流の沿岸に河岸段丘を形成し、今市扇状地はこの川の堆積(たいせき)作用などによって生成した複成扇状地。流況が安定し、夏の水温が低いのに特徴がある。水力発電にも利用され、谷口集落の今市まで10か所の水力発電所が稼動し、清滝の電気化学工場などの電源となっている。宇都宮市、日光市の上水道水源や流域の農業用水として重要。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷川の関連情報