コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五瀬命 イツセノミコト

3件 の用語解説(五瀬命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いつせ‐の‐みこと【五瀬命】

鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の子。神武天皇の兄。神武天皇とともに九州から東征し、紀伊で没したといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五瀬命 いつせのみこと

記・紀にみえる神。
鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の長子。母は玉依姫(たまよりひめ)。弟の神武天皇とともに日向(ひゅうが)から海路東征にむかう。難波(なにわ)に上陸し孔舎衛(くさえ)坂で長髄彦(ながすねひこ)の軍とたたかって矢傷を負い,紀伊(きい)で死去したという。彦五瀬命ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いつせのみこと【五瀬命】

記紀の神話に神武天皇の兄として伝えられる。鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の子で,名は厳稲(いつせ)(聖なる稲)の意。神武の幼名も同じく穀霊を意味する稚三毛野(わかみけぬ)(ケ(毛)は食物のこと)であり,神武の分身的人物といえる。神武とともに日向を発して東征に赴くが,難波(なにわ)のあたりで長髄彦(ながすねひこ)と戦って矢傷を負い,紀伊国の雄水門(おのみなと)で死去した。墓は紀伊国の竈山(かまやま)にあるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五瀬命の関連キーワード北欧神話宮崎神宮橿原宮皇祖人皇神武天皇祭竈山神社久米歌神武東征伝説神八井耳命

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone