五瀬命(読み)イツセノミコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五瀬命 いつせのみこと

記・紀にみえる神。
鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の長子。母は玉依姫(たまよりひめ)。弟の神武天皇とともに日向(ひゅうが)から海路東征にむかう。難波(なにわ)に上陸し孔舎衛(くさえ)坂で長髄彦(ながすねひこ)の軍とたたかって矢傷を負い,紀伊(きい)で死去したという。彦五瀬命ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いつせのみこと【五瀬命】

記紀の神話に神武天皇の兄として伝えられる。鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の子で,名は厳稲(いつせ)(聖なる稲)の意。神武の幼名も同じく穀霊を意味する稚三毛野(わかみけぬ)(ケ(毛)は食物のこと)であり,神武の分身的人物といえる。神武とともに日向を発して東征に赴くが,難波(なにわ)のあたりで長髄彦(ながすねひこ)と戦って矢傷を負い,紀伊国の雄水門(おのみなと)で死去した。墓は紀伊国の竈山(かまやま)にあるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いつせ‐の‐みこと【五瀬命】

記紀所伝で、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)の子で神武天皇の兄とされる人物。天皇とともに九州から東征の途中、紀伊国(和歌山県)で戦死。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android