コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麒麟山(きりんざん)

3件 の用語解説(麒麟山(きりんざん)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

麒麟山(きりんざん)

新潟県、麒麟山酒造株式会社の製造する日本酒。平成23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きりんざん【麒麟山】

新潟の日本酒。酒名は、蔵の正面にそびえる山「麒麟山」に由来。淡麗辛口の味わいが特長。大吟醸酒純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒などがある。平成5、7、11、18~20、23、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は越淡麗、たかね錦五百万石など。仕込み水御神楽岳山系の伏流水。蔵元の「麒麟山酒造」は天保14年(1843)創業。所在地は東蒲原郡阿賀町津川。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麒麟山
きりんざん

新潟県東蒲原(ひがしかんばら)郡阿賀(あが)町の阿賀野(あがの)川と支流常浪(とこなみ)川の合流点にある独立丘。標高195メートル。山容が麒麟に似ているところからこの名がある。1250年(建長2)頂上口会津(あいづ)西口の要害として狐戻(きつねもどし)城(蘆名(あしな)氏一族藤倉盛弘(もりひろ)築城)が築かれ、その後も歴代会津領主の支城として発展、1627年(寛永4)廃城となった。城跡は麒麟山公園となり、本丸跡は阿賀野川ラインの展望台で、全山植物群落の宝庫として県指定天然記念物。北麓(ほくろく)には同名の温泉もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の麒麟山(きりんざん)の言及

【津川[町]】より

…会津街道は諏訪峠を経て赤谷,新発田に通じていたが,峠付近には石畳の道が残されている。渓谷美の阿賀野川ライン県立自然公園の中心であり,麒麟山はユキツバキの自生地で知られる。磐越西線,国道49号線が通じ,磐越自動車道の津川インターチェンジがある。…

※「麒麟山(きりんざん)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

麒麟山(きりんざん)の関連キーワード朝日山清正黒松仙醸篠峯ソビエト美術阿賀錦旭明鶴潟の井さか鶴酔星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone