コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麓集落 ふもとしゅうらく

2件 の用語解説(麓集落の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふもとしゅうらく【麓集落】

近世薩摩藩領域内に分布する在郷武士団の居住集落で,軍事的・行政的機能を有する。府下あるいは府本とも書く。藩内では鹿児島城下に居住する城下士のほかに,領域内の100余から110前後の各地に外城(とじよう)を置き,外城衆中(しゆうじゆう)と呼ぶ郷士を配置して藩領の防衛を担当させ,支配層として定着させた。麓集落は藩領内の地方行政の中心であったので,例えば都城(みやこのじよう),国分,加治木,出水(いずみ)などの大きなものは小藩の城下町にも相当する程度の規模を有した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麓集落
ふもとしゅうらく

近世薩摩(さつま)藩における半士半農の在郷武士団の居住地。島津氏は、外城(とじょう)制度により藩内を113の区画(外城)に分け、それぞれ郷士(ごうし)(外城衆中(しゅうじゅう))を配置し、鹿児島本城の防衛と地方行政にあたらせた。麓(府本)とはこれら各外城の軍事・行政を管轄する地頭(じとう)仮屋の所在地であり、郷士の集住地である。白砂(しらす)台地の突端など高燥な土地に設けられ、郷士の屋敷は石垣や生け垣で囲まれ、とくに高級郷士は豪華な門を構え、近くに農民や町人が住んだ。城山と馬場や射場があり、街路も計画的に格子(こうし)状や鉤(かぎ)状のものがあるが、不規則のものが多い。1784年(天明4)に外城を郷と改称し、従来の外城衆中も郷士と称するようになった。一般に、交通の要衝となり、戸口規模も100戸から600戸程度のものが多く、出水(いずみ)(鹿児島県出水市)、都城(みやこのじょう)(宮崎県都城市)などは数千戸からなり、明治以後、市町村の政治、文化、経済の中心として地方都市に発展したものもあった。[中田榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の麓集落の言及

【豪族屋敷村】より

…その後,近世になると防御的機能の必要性は少なくなり,近世農村に包含され,その豪族屋敷主は有力な百姓として肝煎(きもいり)や庄屋を務め,明治以降も村長となって継承した場合もある。豪族屋敷村に類似するものとしては旧薩摩の麓(ふもと)集落があげられる。これは近世薩摩藩の在郷武士団の居住集落で,軍事的・行政的機能を有する。…

【外城制度】より

…薩摩藩は藩主居城の鶴丸(鹿児島)城のほかに,領内を113の区画に割って,これを外城(普通には郷という)と呼んでいた。4人に1人は武士という過大人口の武士を扶持するために屯田兵制度をとったのであり,1615年(元和1)の一国一城令があるから,外城といっても城郭があるわけではなく,旧城跡の山麓かまたは城跡と無関係の平地に麓集落をつくっていた。しかし戦時には郷士は地頭指揮下に1軍団を形成したから,外城と呼んだのである。…

※「麓集落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

麓集落の関連キーワード頸動脈在郷薩摩馬薩摩飛脚武士団小薩摩粒度分布カプタイン現象薩摩義士島津忠良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone