コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦藁細工 ムギワラザイク

3件 の用語解説(麦藁細工の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むぎわら‐ざいく【麦×藁細工】

麦藁を種々の色に染めて、編んだり、箱などにはって模様をつけたりする細工。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麦藁細工
むぎわらざいく

裸麦または大麦の上方第一節までの部分を切り取ったものを「麦藁」といい、岡山、香川、広島、愛知などで盛んにつくられている。簡単な細工法としては、切ったままの麦藁を順次継ぎたして籠(かご)をつくる、縦に開いて平らにした麦藁を箱に貼(は)り付けるなどがある。東京・駒込(こまごめ)富士神社の「むぎわら蛇(へび)」は招福の、また、品川千体荒神の「住吉(すみよし)踊」の人形は家内安全の縁起物として売られ、ほかにも広く郷土玩具(がんぐ)の製作に用いられている。[秋山光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone