裸麦(読み)ハダカムギ

大辞林 第三版の解説

はだかむぎ【裸麦】

イネ科の越年草、オオムギの一品種。実と殻とが離れやすい。関東以西で、食糧・馬糧として栽培。ぼうずむぎ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

裸麦[米麦]
はだかむぎ

四国地方、愛媛県の地域ブランド。
主に西条市東温市で生産されている。大の一種で、脱穀すると簡単に穎がとれるため、はだか麦と呼ばれる。愛媛県が生産量全国第1位を誇る。主食として消費されるほか、味噌・麦茶麦こがしの原料として利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はだか‐むぎ【裸麦】

〘名〙 オオムギの品種。子実(穎果(えいか))と籾殻(もみがら)が離れやすいもの。むきやす。
※狂歌・古今夷曲集(1666)二「苅人もはこびし人もつく人もふどしのみなるはたか麦哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の裸麦の言及

【オオムギ(大麦)】より

…これに対して各節の3小穂のうち,中央の1小穂のみが稔実するため,穂に縦2列に粒が並ぶものを二条オオムギ(イラスト)とよぶ。両者とも,頴(えい)が頴果に癒着するもの,すなわち皮麦(かわむぎ)と,癒着しないためたねが容易に頴(殻)からとり出せる裸麦(はだかむぎ)(かつては稞麦と記した)とがある。日本では二条オオムギは,大部分の品種が皮麦である。…

【皮麦】より

…オオムギ(六条オオムギ)と二条オオムギの穎果(えいか)は,外穎と内穎とに包まれている。このうち,完熟後も内・外穎が穎果に癒着しているものを皮麦,完熟乾燥後は内・外穎から容易に穎果をとり出せるものを裸麦(従来は稞麦と記した)naked barley(hull‐less barley)という。また両者の中間的な性質のものを半裸オオムギと呼ぶ。…

※「裸麦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裸麦の関連情報