コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒崎義介 くろさき よしすけ

2件 の用語解説(黒崎義介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒崎義介 くろさき-よしすけ

1905-1984 昭和時代の童画家。
明治38年3月25日生まれ。川端画学校でまなび,小茂田青樹(おもだ-せいじゅ),安田靫彦(ゆきひこ)らに師事。昭和4年ごろから童画を手がけ,23年童画研究会を主宰。「講談社の絵本」や児童雑誌などにえがきつづけた。54年児童文学賞。昭和59年8月12日死去。79歳。長崎県出身。著作に「よしすけ昔噺(むかしばなし)童画集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒崎義介
くろさきよしすけ
(1905―1984)

童画家。長崎県平戸(ひらど)市に生まれる。平戸中学猶興館(ゆうこうかん)在学中より絵を描き、上京して川端画学校に学んだ。1929年(昭和4)ころよりいわゆる赤本絵本を描き始め、32年に松山文雄、安泰(やすたい)らと新ニッポン童画会を結成。従来の童画が高踏的であったのに対し、黒崎の絵は説明性に富み、平明でわかりやすく、多くの子供たちに受け入れられた。著書に童画ルポルタージュ『軍艦旗の行くところ』(1941)、童画集『よしすけ昔噺(むかしばなし)童画集』(1965)がある。[上笙一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒崎義介の関連キーワード初山滋童画童画の日市川禎男岡本帰一川上四郎川尻東次清水良雄松本かつぢ茂田井武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone