軍艦旗(読み)グンカンキ

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんかんき【軍艦旗】

軍旗章の一つ。当該国海軍の艦船であること,ならびに当該国の主権の存在を表示する旗章であり,換言すれば軍艦の特権(不可侵権治外法権,納税免除,礼遇享受)を代表する。航海中は常時,停泊中は午前8時に掲揚し,日没時に降下するのが原則である。また戦闘中は檣頭(しようとう)に掲げ,戦闘旗と称している。なお短艇は軍艦の分身であるので,外国港湾在泊中や外国艦船と交通する場合,そのほか祝祭日,儀礼などの際,軍艦旗を掲揚する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんかんき【軍艦旗】

軍艦であることを標示し、また国籍を示すため、軍艦に掲げる旗。旧海軍では一六条の旭日旗を用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍艦旗
ぐんかんき

海軍に属する艦艇に掲揚される旗。陸・海軍旗が制定されている国では海軍旗が、とくに制定していない国では国旗がそれにあたり、軍艦旗を掲げている間は、その国の主権・名誉と軍艦の特権を表し、外国の権域外にあることを示す。日本では1890年(明治23)10月、16条の旭光(きょっこう)を配する旭日旗(きょくじつき)が制定された。戦闘中はマストに掲げ、戦闘旗となった。海上自衛隊でも同じ図案の旗を自衛艦旗として使用している。[寺田近雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐんかん‐き【軍艦旗】

〘名〙 海軍の艦艇が、国籍を示し、軍艦であることの表章として、艦尾、またはマストに掲揚する旗。明治二三年(一八九〇)以降、旧日本海軍では十六条の旭光を配する旭日旗を用いた。
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉威海衛大攻撃北洋艦隊全滅!「他の檣頭に彼れの軍艦旗半ば裂けて風に翻るを見る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍艦旗の関連情報