コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木御所 くろきのごしょ

1件 の用語解説(黒木御所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くろきのごしょ【黒木御所】

皮を削らないままの材木でつくられた粗末な天皇の住居。後醍醐天皇元弘の乱で隠岐に流されたとき,そこに黒木の御所をつくって皇居としたという話が《太平記》にみえる。〈黒木の屋〉ということもあり,《十訓抄》天智天皇が筑前国上座郡朝倉に丸木で黒木の屋をつくった話が載っている。黒木御所は尼御所のことをいう場合もあった(《御湯殿上日記》)。白木・黒木【飯倉 晴武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒木御所の関連キーワード材木座紙衾草衣縄床粗糲竹屋茅茨丸屋枝折垣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒木御所の関連情報