コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒正巌 こくしょう いわお

2件 の用語解説(黒正巌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒正巌 こくしょう-いわお

1895-1949 大正-昭和時代の経済史学者。
明治28年1月2日生まれ。大正15年母校京都帝大の教授となる。昭和8年私財で日本経済史研究所を設立。のち六高(現岡山大)校長や岡山大学長をつとめた。昭和24年9月3日死去。55歳。岡山県出身。旧姓は中山。著作に「百姓一揆の研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくしょういわお【黒正巌】

1895‐1949(明治28‐昭和24)
農業史家,農村社会史学者。岡山県生れ。京大経済学部卒業。1922年京大講師,26年教授。以後,昭和学園理事,六高校長,大阪経済大学学長,岡山大学教授を歴任。第2次大戦前の社会経済史学の一水準を達成した。実証主義的な学風とM.ウェーバーの社会経済史を日本に紹介するとともに,全国的な史料収集に基づく百姓一揆の研究で知られた。著書に《百姓一揆の研究》(1928)などがある。【森 武麿】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

黒正巌の関連キーワード深刻小説日清戦争イタリア映画観念小説文芸倶楽部蠟山政道新聞小説日中関係文化勲章吉田茂内閣

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone