コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒水熱 こくすいねつ blackwater fever

翻訳|blackwater fever

3件 の用語解説(黒水熱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒水熱
こくすいねつ
blackwater fever

胆汁熱ともいう。マラリアの流行地にみられる急性赤血球崩壊症。悪寒と高熱で発病し,大量の血管内溶血,黄疸,ヘモグロビン尿,虚脱,急性腎不全および尿毒症を起し,死亡率は 20~30%に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくすい‐ねつ【黒水熱】

マラリア患者に起こる急性の赤血球崩壊症。高熱・頭痛・嘔吐(おうと)・下痢・黄疸を起こし、黒褐色の尿が出る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒水熱
こくすいねつ
black water fever

マラリア、とくに熱帯熱マラリア感染の既往歴がある者、またはその経過中におこる危険な合併症で、ヘモグロビン尿熱ともいう。突然の悪寒戦慄(せんりつ)を伴う40~41℃の体温上昇に、頭痛、嘔吐(おうと)、下痢、背部痛が加わり、2~3時間後には暗赤色または黒色の尿を排出するが、これは血管内溶血に基づく血色素が尿中に溶出するためである。ついで、肝臓と脾(ひ)臓の急速な腫大(しゅだい)と黄疸(おうだん)、強度の貧血、肝不全、腎(じん)不全、循環虚脱を招き、重症例の多くは無尿状態に陥り、尿毒症症状が進行して死亡する。この血管内溶血の成因に関してはまだ十分に説明されていないが、少なくともマラリア原虫側の要因によるものではなく、冷気に暴露されたり、過労や抵抗力低下のほか、マラリアの治療として用いた不十分量のキニーネの不規則な内服が誘因になると考えられている。[大友弘士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒水熱の関連キーワード間欠熱弛張熱熱型マラリア原虫だらりの帯マラリア療法三日熱疫病みマラリア病原虫地方病指数

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone