コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒江塗 くろえぬり

4件 の用語解説(黒江塗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒江塗
くろえぬり

和歌山県海南市黒江で生産される漆器。膳,盆,重箱などの板物が多い。膠 (にかわ) 下地の上に主として浅緑色の花塗や変り塗を施したもの。安土桃山時代に始り,現在も大量に生産されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろえ‐ぬり【黒江塗】

和歌山県海南市黒江から産する漆器の総称。寛永年間(1624~1644)に始まり、現在は家具・調度や蒔絵(まきえ)などを製作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くろえぬり【黒江塗】

黒江で産する漆器。江戸初期に渋地椀を製したのに始まり、現在は家具・蒔絵まきえなどを幅広く製作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒江塗
くろえぬり

和歌山県海南市黒江地区で生産する漆器で、海南漆器ともよぶ。1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉の兵火にあった根来寺(ねごろじ)の僧徒が伝えた根来塗より派生したというが確かでなく、技法的にまったく異なる渋地椀(わん)が寛永(かんえい)年間(1624~44)に農民の食器としてつくられたというのが確かで、ついで春慶(しゅんけい)塗の折敷(おしき)が現れた。地場産業として基盤が築かれたのは、1826年(文政9)大坂から職人を招き堅地板物漆器をつくってからで、安政(あんせい)年間(1854~60)に蒔絵(まきえ)を、さらに1879年(明治12)に沈金彫りが京都の職人によって技術導入され、技術的に今日の黒江塗ができあがった。98年に黒江町立漆器学校が開かれ、後継者が養成され、1929年(昭和4)まで続いた。藩政時代、紀州藩の強力な保護があり、長崎を通じて輸出が行われ、明治以降、東南アジアへ販路が開拓された。第二次世界大戦後、プラスチックや合成繊維板の素地で量産化態勢を図り、49年(昭和24)通産省(現経済産業省)の重要漆工集団地に指定され、68年組合結成によって漆器団地となった。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒江塗の言及

【椀】より

…変(かわり)塗の一種),吉野塗(奈良県吉野地方の産。吉野絵,吉野彫,吉野根来,吉野春慶など),黒江塗(和歌山県海南市の産),大内塗(山口県山口市の産。大内椀は毛利家に伝えられ,漆絵に金箔を施す),日野椀(滋賀県蒲生郡の産)などが良質な椀として知られている。…

※「黒江塗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒江塗の関連キーワード黒江和歌山県海南市井田和歌山県海南市大野中和歌山県海南市岡田和歌山県海南市黒江和歌山県海南市築地和歌山県海南市名高和歌山県海南市藤白和歌山県海南市船尾和歌山県海南市山田

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone