黒鮪(読み)クロマグロ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐まぐろ【黒×鮪】

サバ科の海水魚。全長約3メートル、体重約300キロ。背面は青黒色、腹面は銀白色。世界の温・熱帯海域に広く分布し、日本近海のマグロ類では最も多い。刺身やすし種として好まれる。幼魚を「めじ」「よこわ」、成魚を「しび」ともいう。まぐろ。ほんまぐろ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろまぐろ【黒鮪】

スズキ目の海魚。全長3メートル、体重350キログラムに達する。マグロ類の最大種で、体は紡錘形。体色は背面は黒青色、腹面は銀白色。肉は濃赤色で刺身が最も好まれ、脂肪に富む腹側の肉は「とろ」と呼んで特に賞味される。回遊魚で北半球の亜寒帯から熱帯海域にかけて分布。小形のものをメジ、大形のものをシビとも呼ぶ。マグロ。ホンマグロ。クロシビ。 → マグロ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒鮪 (クロシビ)

学名:Thunnus orientalis
動物。マグロ属の海水魚の一種

黒鮪 (クロマグロ)

動物。サバ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐まぐろ【黒鮪】

〘名〙 スズキ目サバ科マグロ属の海産魚。全長三メートル、体重三五〇キログラムにも及び、マグロ属のなかでは最も大きい。体は紡錘形でよく肥え、尾は二またに分かれる。背方は黒青色で腹方は灰白色を帯びる。遊泳力が強く、群をなして広い範囲を回游する。日本近海から太平洋の北半球側と大西洋の暖海域、地中海に分布。小形のものをメジ、大形のものをシビともいう。重要な食用魚で、高級料理から総菜まで広く利用。マグロ属では最も美味で、特にさしみ、すし種に用いられる。腹側の肉は脂肪に富み、「とろ」といって特に賞味される。冬が旬。ほんまぐろ。まぐろ。《季・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android