(読み)シビ

デジタル大辞泉の解説

しび【×鮪】

クロマグロキハダビンナガ別名

まぐろ【×鮪】

スズキ目サバ科マグロ属の海水魚の総称。クロマグロキハダメバチビンナガなど。体は大形で紡錘形をし、背面は青黒色、腹面銀白色外洋を回遊し、体側赤色筋血合(ちあい))が発達している。刺身・鮨種(すしだね)などにする。 冬》
性交のときに自らは体を動かさず、ただ寝転がっている相手。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しび【鮪】

マグロの異名。
クロマグロの成魚で、大形のものの異名。 → めじ

まぐろ【鮪】

スズキ目サバ科マグロ属の海魚の総称。全長約1~3メートル。体はいずれも紡錘形で、大形の回遊魚。日本の近海には、クロマグロ・メバチ・キハダ・ビンナガ・コシナガの五種がいて、ミナミマグロ・タイセイヨウマグロは遠洋で漁獲されるが、一部は資源管理が問題となっている。肉は美味なものが多い。世界の温帯・熱帯海域に広く分布。 [季] 冬。 〔古くは、シビと呼んだ〕
特に、クロマグロのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【平群氏】より

…平群真鳥は武烈朝に至るまで大臣の地位にあり,とりわけ武烈朝においては国政をもっぱらにするとともに,天皇の位を奪うことを企てていたという。また真鳥の子の鮪(しび)は,海柘榴市(つばいち)の歌垣で物部影媛をめぐり武烈と争い,不遜な言動があった。こうしたことが原因となり,真鳥と鮪は武烈天皇の意を受けた大伴金村の攻撃を受け,滅亡する。…

※「鮪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮪の関連情報