コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒鴨 クロガモ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐がも【黒×鴨】

カモ科の鳥。全長は雄が51センチ、雌が43センチくらい。雄は全身黒色で、くちばしの付け根に黄色いこぶがある。雌は褐色。北半球の海に分布。日本では冬鳥 冬》
カルガモのこと。
黒鴨仕立て衣服を身につけていたところから》下男や供の男などをいう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くろがも【黒鴨】

カモ目カモ科の海鳥。全長50センチメートル 内外。雄は全身黒色で、くちばしの根もとに橙黄色のこぶがある。雌は黒褐色。北極圏で繁殖し、日本には冬鳥として渡来するが、北海道東部では少数が繁殖。
〔江戸時代、多く黒や紺無地の衣服を身につけていたことから〕 職人や供男の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒鴨 (クロガモ)

学名:Melanitta nigra
動物。ガンカモ科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

黒鴨の関連キーワードポゾライト江戸時代くちばし北極圏黒褐色海鳥内外こぶ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒鴨の関連情報