軽鴨(読み)カルガモ

大辞林 第三版の解説

かるがも【軽鴨】

カモ目カモ科の水鳥。全長60センチメートルほど。雌雄とも全体に地味な暗褐色。目の上とのどは黄白色、くちばしの先端と脚は橙黄色。アジア東部・南東部に分布。日本では年間を通じて最も普通に見られるカモで、各地の平地の湿地や池で繁殖する。夏鴨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かる‐がも【軽鴨】

〘名〙 カモ科水鳥。全長約六〇センチメートル。全体は褐色で、背の羽縁は白く、うろこ状に見える。雌雄とも同色で、マガモの雌に似ているが、くちばしが黒い(先端は黄色)ので区別できる。東アジアに分布し、オシドリとともに日本各地で繁殖する唯一のカモで、沼地、水田などに多く、四~六月ごろ営巣する。なつがも。かる。どろがも。
▼かるがもの子《季・夏》 〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android