コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2サイクル機関 にサイクルきかんtwo(-stroke) cycle engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

2サイクル機関
にサイクルきかん
two(-stroke) cycle engine

内燃機関のシリンダ内部において,ピストンが1往復 (クランクが1回転) する間に,掃気圧縮膨張 (点火爆発) と排気の2つの行程 strokeを行い,これを1サイクルとする形式のエンジン。これに対し,吸気,圧縮,膨張,排気の4つの行程を1サイクルとしてピストン2往復で行うものを4サイクル機関という。2サイクル機関は爆発回数が4サイクル機関の2倍となるため,単位容積あたりの出力が大きく,重量比も小さくできる利点がある。ガソリンエンジンは,小型のもの (たとえばオートバイ用など) には,構造が簡単な2サイクル型が多く,中・大型のものはほとんどが4サイクルである。ディーゼルエンジンでは大型のものに2サイクルが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

2サイクル機関【にサイクルきかん】

クランク1回転の間に,掃気と圧縮,膨張と排気の2行程を行い,これを1サイクルとする内燃機関。構造が簡単で軽量,毎回転時に出力があるが,掃気の際の新気損失が大。オートバイ,初期の軽自動車などのエンジンの代表的な方式。
→関連項目4サイクル機関

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の2サイクル機関の言及

【内燃機関】より

… 上述の熱力学的サイクルは実際には4サイクルまたは2サイクルにより実現される。ピストンが往復する際の最上,最下位置をそれぞれ上死点および下死点,その距離およびピストンの運動を行程と呼ぶが,4サイクルエンジン(4サイクル機関)では1サイクルが圧縮,膨張,排気および吸入の4行程(クランク2回転)よりなり,2サイクルエンジン(2サイクル機関)では圧縮と膨張行程の2行程(クランク1回転)よりなる。燃焼はいずれの場合も圧縮の上死点近くで行われる。…

※「2サイクル機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

2サイクル機関の関連キーワードハリー・ラルフ リカードガソリン機関掃気ポンプ内燃力発電カーティス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

2サイクル機関の関連情報