コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

6-メルカプトプリン ろくメルカプトプリン

百科事典マイペディアの解説

6-メルカプトプリン【ろくメルカプトプリン】

制癌(せいがん)薬6MPと略称。プリンにメルカプト基−SHが結合した構造を持つ。黄色結晶(1水和物)。癌細胞が大量に必要とするプリン塩基と拮抗(きっこう)して核酸およびその成分の生合成または機能を阻害し,癌細胞の増殖を阻止する作用があり,白血病などの悪性腫瘍(しゅよう)に用いる。副作用として食欲不振,脱毛,貧血など。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

6-メルカプトプリンの関連キーワードプリン(複素環式化合物)メルカプトプリンプリン(化学)抗白血病薬

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android