コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Adobe Acrobat あどびあくろばっと

1件 の用語解説(Adobe Acrobatの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Adobe Acrobat

Adobe Systems社の電子ドキュメントシステムAcrobat Reader、Acrobat Exchange、Acrobat Distillerなどのソフトウェアから構成され、PDF(Portable Document Format)と呼ばれるファイル形式を利用する。PDFはプラットフォームに依存せず、レイアウトの再現性が高いことが特徴。MacintoshWindowsUNIXなどが混在する環境でも、同じ書類を扱えるようになるため、ネットワーク上で文書の共有をする場合などにも向いている。PDFはPostScriptベースにしており、テキストだけではなく、フォントや、画像データまで統合して扱える。ビューワー(閲覧用ソフトウェア)にはAcrobat Reader、Acrobat Exchangeなどがあり、PDF作成ソフトウェアにはAcrobat PDF Writer、Acrobat Distillerなどがある。Adobe Illustrator5.5J、7.0J、8.0JやAdobe PageMaker6.0J、6.5JはPDFの書き出しが可能。1997年5月に発売されたAdobe Acrobat 3.0Jで日本語に対応した。なお、Acrobat Readerはフリーソフトウェアで、Adobeのサイトなどで入手できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Adobe Acrobatの関連キーワードマイドキュメント電子波セミドキュメンタリー電子対土弓弩弓ドキュメンタリーヒューマンドキュメントドキュドラマ等電子原理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone