コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドビシステムズ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アドビシステムズ

Adobe」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドビシステムズ
Adobe Systems Incorporated

アメリカ合衆国のコンピュータソフトウェアメーカー。印刷,出版(電子出版DTP),グラフィック・デザインコンピュータ・グラフィックス)用ソフトウェアの開発を手がける。1982年,コンピュータ科学者ジョン・ワーノックとチャールズ・ゲシキによって設立。ポストスクリプト PostScriptと呼ばれるページ記述言語を開発し,コンピュータやプリンタの機種の区別なく,文字や画像を数学的用語で記述することを可能にした。1983年,アップルコンピュータ(→アップル)が株式の 15%を取得,ポストスクリプトの最初のライセンス保有者となった。1985年,アップルはキヤノンが開発したレーザープリントエンジンを使用したポストスクリプトプリンタ第1号 LaserWriterを発売した。ポストスクリプトとレーザープリンタの組み合わせにより,印字の品質とデザインの柔軟性は飛躍的に向上した。1986年,新規株式を公開。1987年ポストスクリプトをもとにした作図・描画(ドローイング)ソフトウェア Adobe Illustrator,1990年デジタル画像修正(フォトレタッチ。→画像処理)ソフトウェア Adobe Photoshopを発売。同時期に Adobe Acrobat製品群を開発。PDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)に変換した文書は,どのオペレーティングシステムでも無償の Acrobat Readerを使って書式,タイポグラフィ,画像をほぼそのままの状態で読んだり印刷したりすることができる。企業買収によって多くのソフトウェアを加え,1997年にはソフトウェアの売り上げが総収益のほぼ 8割を占めた。2005年,マルチメディア関連企業のマクロメディアを買収した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドビシステムズ
あどびしすてむず
Adobe Systems

アプリケーションソフトウェアを開発、販売する会社。本社はアメリカのカリフォルニア州サン・ホゼ市。1982年に、チャールズ・ゲシキCharles Geschke(1939― )とジョン・ワーノックJohn Warnock(1940― )によって設立された。年間の売上高は47億9551万ドル(2015年11月期)で、おもにデザイン、アート、ウェブ、モバイルアプリケーション、ビデオ、放送、および印刷媒体によるコンテンツの作成者に向けたアプリケーション・ソフトウェアを提供している。とくに、画像クリエイターの大半が利用しているAdobe Photoshop(フォトショップ)やAdobe Illustrator(イラストレーター)、PDFフォーマットのファイルを作成するためのAdobe Acrobat(アクロバット)、ウェブブラウザでマルチメディア表現を可能にするAdobe Flash(フラッシュ)などが有名である。単体のソフトウェア製品の販売から、月額制で最新のアプリケーションやサービスを提供するビジネスモデルに移行しつつある。[編集部]

資料 アドビシステムズの提供するおもな製品とサービス(2015年時点)

Adobe Acrobat(アクロバット) 印刷可能なあらゆるアプリケーションからPDFファイルを生成、編集できるアプリケーション。作成したファイルはフォントやレイアウトなどの見かけを崩さずにあらゆるオペレーティングシステム(OS)、デバイスで表示できる。
Adobe Creative Cloud(クリエイティブクラウド) PhotoshopやIllustratorをはじめとするグラフィックやデザイン、ページレイアウトなどを行うためのアプリケーションをまとめてサブスクリプション制(月額加入方式)で使用できるサービス。
Adobe Flash(フラッシュ) アニメーション、ゲームなど動きのあるコンテンツを作成するためのアプリケーション。動作が重くセキュリティに問題があるとしてアップル社がiOS(アイオーエス)上での動作をサポートしなかったり、HTML5で同様の機能がサポートされたりしたことなどから、Flashを使用したウェブ上でのマルチメディアはその数を減らしつつある。
Adobe Illustrator(イラストレーター) おもにイラストやデザインなどの制作に適したベクターイメージ編集アプリケーション(ドローアプリケーション)。イラストや広告の作成、パッケージデザインなどにおいて、事実上、世界で標準的に使用されている。
Adobe InDesign(インデザイン) ページ単位で管理しながら印刷物の作成を行うことのできるDTP(デスクトップ・パブリッシング)アプリケーション。紙ベースでの印刷媒体や電子書籍、デジタルコンテンツを作成できる。PhotoshopやIllustratorと連携して作業を行うことができる。
Adobe Photoshop(フォトショップ) おもに写真編集に適したビットマップ画像編集アプリケーション(フォトレタッチアプリケーション)。事実上、世界で標準的に使用されている。高度な画像の加工・修正・作成が可能である。

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アドビシステムズの関連キーワードPhotoshop ElementsPremiere ElementsAcrobat ElementsPhotoshop AlbumAction ScriptAfter EffectsAdobeショックウエーブFlash PlayerAdobe ReaderオプティカルカーニングAdobeインデザインAdobeアクロバットFilmstrip形式ホームページ作成ソフトPhotoDeluxeフォトレタッチソフトContributeFrameMakerColdFusionMacromedia

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アドビシステムズの関連情報