BtoB(読み)びーとぅーびー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BtoB
びーつーびー

「Business to Business」のことで、企業間の取引関係をさすことば。B2Bとも表記する。一般消費者と直接ビジネスを行うのではなく、あくまで別の企業と商取引を行うこと。とくに電子商取引の一形態を示す用語としてとらえられることが多い。電子商取引のBtoBは、部品や原料、オフィス機器や事務用品などの物品、人材派遣、さらにさまざまなサービスまで多岐にわたる。また、法人向けビジネスを行う企業のマーケティング活動を、BtoBマーケティングとよぶ。

 類似の用語としてはBtoB以外に、企業対個人のBtoC(B2C)、個人対個人のCtoC(C2C)、企業対従業員のBtoE(B2E)、企業対政府や官公庁のBtoG(B2G)などがある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

BtoB

B2B」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報