コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CC しーしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CC

カーボンコピーの略で、同報メールの送信時に、受け取り人以外の電子メールアドレスも記して送信する機能。主とする送信者の他にも、不特定多数の相手に電子メールの内容を知っておいてもらいたい場合に使用する。

cc

電子メールの送信時に、受け取り人以外に、メールの内容を見てもらいたい人の電子メールアドレスを指定する方法。メールソフトの「ccに電子メールアドレスを記入する。「To」で電子メールを受け取った人は、「cc」欄に記入された電子メールアドレスを確認できる。たとえば、取引先とのやり取りを共有するために、関係する同僚や上司のメールアドレスを「cc」欄に記入するといった使い方がある。「シーシー」と呼ぶことが多い。同時に送信する宛先を隠したい場合は「Bcc」を用いる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

CC

電子メールで、本来の宛先の人とは別に、他の人にも同じメールを送るときに使う機能です。カーボン・コピー(複写)の略称で、「誰それにこういうメールを送ったので、念のためそのコピーを届けます」という意味があります。本来の宛先の人にも、誰にCCで送信されているかが伝わります。
⇨BCC、電子メール

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐シー【CC】[cash-and-carry]

cash-and-carry》⇒シーアンドシー(C&C)

シー‐シー【CC】[country club]

country club》カントリークラブ。

シー‐シー【CC】[chamber of commerce]

chamber of commerce》商工会議所。

シー‐シー【CC】[commercial card]

commercial card》コマーシャルカード。テレビで使われる短いコマーシャル、またそれに使用されるテロップ、スライド。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

CC

〖cash and carry〗
C & C

CC

〖common carrier〗

CC

〖country club〗
カントリー-クラブ。日本で、郊外のゴルフ場。英語では、テニス・ゴルフ・水泳などの施設のある社交クラブをいう。

cc

〖carbon copy〗
電子メールソフト機能の一。受取人の他にメールの写しを特定の第三者に送付する機能。また、写しのメールのこと。受取人は、メールが写しであることを通知される。 → bcc

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

シーシー【cc】

体積の単位で、立方センチメートル。◇「cubic centimeter」の頭文字から。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

CCの関連キーワードchamber of commercecommon carrierフッ化水素(データノート)全日本ロードレース選手権ストリートマジック110GSX400インパルスロードレース世界選手権ブロス プロダクト1ブロス プロダクト2ヴェクスター150グラディウス650マックス ビアッジヴェクスター125GS250FWジョーカー90CBX750F原動機付自転車スーパーバイクGSR400ブロード90

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CCの関連情報