CC(読み)しーしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CC

カーボンコピーので、同報メールの送信時に、受け取り人以外の電子メールアドレスも記して送信する機能とする送信者の他にも、不特定多数相手電子メールの内容を知っておいてもらいたい場合に使用する。

cc

電子メールの送信時に、受け取り人以外に、メールの内容を見てもらいたい人の電子メールアドレスを指定する方法。メールソフトの「cc」欄に電子メールアドレスを記入する。「To」で電子メールを受け取った人は、「cc」欄に記入された電子メールアドレスを確認できる。たとえば、取引先とのやり取りを共有するために、関係する同僚や上司のメールアドレスを「cc」欄に記入するといった使い方がある。「シーシー」と呼ぶことが多い。同時に送信する宛先を隠したい場合は「Bcc」を用いる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

CC

電子メールで、本来の宛先の人とは別に、他の人にも同じメールを送るときに使う機能です。カーボン・コピー(複写)の略称で、「誰それにこういうメールを送ったので、念のためそのコピーを届けます」という意味があります。本来の宛先の人にも、誰にCCで送信されているかが伝わります。
⇨BCC、電子メール

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐シー【CC】[cash-and-carry]

cash-and-carry》⇒シーアンドシー(C&C)

シー‐シー【CC】[country club]

country clubカントリークラブ

シー‐シー【CC】[chamber of commerce]

chamber of commerce商工会議所

シー‐シー【CC】[commercial card]

commercial card》コマーシャルカード。テレビで使われる短いコマーシャル、またそれに使用されるテロップスライド

シー‐シー【CC】[chat commerce]

chat commerce》⇒チャットコマース

シー‐シー【CC】[creative commons]

creative commons》⇒クリエーティブコモンズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例