CMOS (デジカメ)(読み)しーもす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMOS (デジカメ)

相補性金属酸化膜半導体。デジタルカメラでは、フォトトランジスタと、その電荷を読み取るための増幅器が集積された、CMOSプロセスで作成る受光素子を差す。CCD撮像素子に較べ、小型、安価、低消費電力、スミアが生じないといった特徴がある。半面、画質を向上させようとすると、結局高価となるため、コンパクトデジタルカメラでは採用されていなかったが、09年は採用が一気に進みそうだ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android