コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CPC しーぴーしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CPC

インターネット広告における、クリック1回あたりに課金される掲載料金のこと。コストパフォーマンスを計る指標の1つで「1クリック単価」とも呼ばれる。一般の広告と違い、広告の表示に対しては広告料は発生しない。Webサイトやメールに掲載したテキスト広告やバナー広告などがクリックされ、リンク先の広告主のサイトへネットユーザーが訪れた回数に応じて広告料金が決まるシステム。契約した広告回数だけクリックされるまで配信し続けるものを、クリック保証型広告という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐ピー‐シー【CPC】[Conflict Prevention Center]

Conflict Prevention Center》紛争防止センター。1990年11月のCSCE(全欧安保協力会議)で設立された機関。本部はウィーン。

シー‐ピー‐シー【CPC】[cost per click]

cost per clickインターネット広告における広告料金の単位の一。1クリック当たりの料金を指す。クリック単価。コストパークリック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

コスト・パー・コール【CPC Cost Per Call】

この数値テレマーケティングの数値として利用される。1コール(電話)あたりにかかるコストのこと。テレマーケティングに携わる従業員のワークシートを作成して1人/1時間(人時)当りのコストを算出する。この人時費用を1時間当りの平均受信件数で除算すると1件受注当たり費用(CPC)が計算される。人時費用が3000円、1時間当たり注文が5件とするとCPCは600円になる。平均到達件数費用を算出する場合もある。現代は留守世帯が多い。1日の通話できた件数が100件、1日業務時間6時間とすると、1時間当たり16.7件。到達CPCは、180円(小数点以下四捨五入)になる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ブランド用語集の解説

CPC

CPCとはcost per clickの略で広告クリック1回あたりのコストのことをいう。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

ホームページ制作用語集の解説

CPC

Cost Per Clickの略。ネット広告の掲載料金の単位の一つで、クリック1回あたりの料金。インターネット広告の費用対効果を表す指標の一つであり、クリック単価とも呼ぶ。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

世界大百科事典内のCPCの言及

【電子写真】より

…静電潜像を作る方法には光照射によって絶縁性光導電体層上に作像する光学的方式のほかに,絶縁体層上に直接電子的に作像する非光学的方式があるが,一般には光学的方式によるものを単に電子写真と呼ぶ場合が多い。また現像後最終記録担体に画像を得る方法として,現像された着色微粉末を絶縁性光導電体層上に直接定着する直接方式(CPC。coated paper copyの略)と,他の記録担体(例えば普通紙など)に転写,定着する間接方式(PPC。…

※「CPC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

CPCの関連キーワードヨーロッパ安全保障協力会議CPCインターナショナル周波数分割多元接続国際刑事警察機構紛争防止センターDirecPCPPC 広告ベストフーズ江蘇(省)オリベイラネットPC殺ダニ剤蘇生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CPCの関連情報