コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EUR エウルEUR

デジタル大辞泉の解説

エウル【EUR】[Esposizione Universale di Roma]

Esposizione Universale di Roma》イタリアの首都ローマの南部にある新都心。ムッソリーニ政権下において、1942年に開催予定だった万国博覧会のために計画された都市。建築家マルチェッロ=ピアチェンティーニが計画を統括した。アダルベルト=リベラ設計のEUR会議場をはじめ、ファシズム体制の代表的な建築物がある。工事は、第二次大戦と体制崩壊により中断されたが、1950年に再開。官公庁、国有・半国有企業、博物館、集合住宅、スポーツ施設などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

EURの関連キーワードEURエウルファシズム建築エウル

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

EURの関連情報