コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FAD エフエーディー flavine adenine dinucleotide

7件 の用語解説(FADの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

FAD
エフエーディー
flavine adenine dinucleotide

フラビン・アデニン・ジヌクレオチドの略称。ビタミン B2 (リボフラビン) の補酵素型の一つ。フラビンとアデニンとを塩基とするヌクレオチドである。初めはD-アミノ酸酸化酵素の補酵素として分離されたが,ジアフォラーゼなどの補酵素ともなり,生体の酸化還元系に重要な役割を果していることがわかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エフ‐エー‐ディー【FAD】[familial Alzheimer's disease]

familial Alzheimer's disease》⇒家族性アルツハイマー病

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

FAD【エフエーディー】

フラビン補酵素

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エフエーディー【FAD】

フラビンアデニンジヌクレオチドflavin adenine dinucleotideの略称。ビタミンB2(リボフラビン)にオルトリン酸が2分子とアデノシン1分子が結合した化合物で,多くの酸化還元酵素の補酵素として重要。微生物から高等動物にわたってひろく分布している。260nm,375nm,450nmに吸収極大をもち,肉眼的には黄色を呈している。生体内ではFMN(フラビンモノヌクレオチド)とATP(アデノシン三リン酸)からFADピロホスホリラーゼ(FMNアデニリルトランスフェラーゼ)によって合成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

FAD

〖flavin adenine dinucleotide〗
補酵素の一。活性型ビタミン B2とも呼ばれ、生体内で数多くの酸化還元反応に関与している。フラビン-アデニン-ジヌクレオチド。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

FAD
えふえーでぃー

リボフラビン(ビタミンB2)の補酵素の一つ。フラビンアデニンジヌクレオチドflavin adenine dinucleotideの略で、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)とともに燃料分子の酸化還元反応での主要な電子伝達体でもある。分子式C27H33N9O15P2、分子量785.56。1938年ドイツの生化学者O・H・ワールブルクらによって、D-アミノ酸の酸化を触媒するフラビン酵素の補助因子として発見された。FADはFMN(フラビンモノヌクレオチド)部分とアデノシン5'-リン酸adenosine 5'-monophosphate(AMP)部分からなる。この担体(輸送体)の酸化型および還元型の略称は、それぞれFADとFADH2である。FADの反応部分はイソアロキサジン環にある。NAD+と同じく、FADは電子2個を受け取る。その際、FADはNAD+と異なり、プロトン1個と水素化物イオン1個とを取り込む。リボフラビン(ビタミンB2)がATP(アデノシン三リン酸)によってリン酸化され、FMNとなり、次にAMP部分が第二のATP分子からリボフラビン5'-リン酸に転移してFADが形成される。FADはFMNとともにフラビン酵素群の補酵素である。フラビン酵素群は広く自然界に分布し、その補酵素であるFMNおよびFAD分子中のリボフラビンのイソアロキサジン環が水素受容体として、生体の酸化還元系における水素および電子伝達の役割を果たす。代表的なものには、グルコースオキシダーゼ、D-アミノ酸オキシダーゼ、コハク酸デヒドロゲナーゼ、モノアミンオキシダーゼ、サルコシンデヒドロゲナーゼなどがある。フラビン酵素群の特徴はその基質の多様性にある。アミノ酸、カルボン酸、NADH、チオール基などは水素供与体となりうる。ピリジンヌクレオチド、シトクロム、ユビキノン、酸素などは電子または水素受容体となりうる。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のFADの言及

【クエン酸回路】より

…スクシニルCoAはオルトリン酸とGDPの関与のもとに,スクシニルCoAシンテターゼの作用でそのチオエステル結合の切断が起こり,コハク酸,GTP,CoAが生成するが,このスクシニルCoAの加水分解の自由エネルギー⊿G゜′はATPとほぼ同程度で,-8kcal/molにおよぶ。コハク酸は次に,FADを補酵素とするコハク酸デヒドロゲナーゼの作用でフマル酸に変わり,フマル酸はフマラーゼの作用でリンゴ酸に変わる。リンゴ酸はNADを補酵素とするリンゴ酸デヒドロゲナーゼの作用で再びオキサロ酢酸を生成することとなる。…

【補酵素】より

NAD,NADPの還元型すなわちNADH,NADPHは340nmに特異的な吸収極大を示すので,これを指標とする酵素活性の測定が広く利用されている。(2)フラビンの誘導体 FMN(フラビンモノヌクレオチド),FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)もD‐アミノ酸酸化酵素など各種の酸化還元酵素の補酵素としてよく知られているが,黄色いビタミンとして知られるビタミンB2,すなわちリボフラビンの誘導体に相当する。欠乏症としては口角炎,舌炎など,皮膚障害をひき起こす例が少なくない。…

【リン(燐)】より

ATPを代表例とする高エネルギーリン酸結合(〈高エネルギー結合〉の項参照)は,エネルギー代謝における最も重要な概念である。またFMN(フラビンモノヌクレオチド),FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)をはじめ,リン酸を含む補酵素も多数知られている。動物の骨格中には,リン酸カルシウム塩として多量に存在する。…

※「FAD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

FADの関連キーワードアデニンフラビンフラビン酵素フラビンアデニンジヌクレオチドNADHFADH2黄色酵素ジホスホピリジンヌクレオチドフラビン補酵素フラボタンパク質

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FADの関連情報