HAVi(読み)はび

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HAVi

IEEE1394に対応した家庭内のAV機器を、ネットワークに接続させるための技術の総称。独Grundig社、日立製作所、米Thomson Multimedia社、東芝などが策定した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハビ【HAVi】[home audio/video interoperability]

home audio/video interoperability》家庭内のネットワークにAV機器を接続するためのインターフェース規格。IEEE1394をベースにしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HAVi
はび
Home Audio/Video interoperability

家庭用のデジタル機器の接続仕様。日欧8社がIEEE1394ネットワークでAV機器の相互接続を実現するように策定したソフトウェア仕様で、1998年に基本仕様を公開、2000年1月に最終仕様を発表。同年HAViバージョン1、翌年バージョン1.1が完成し、新たに15社が参加してデジタル・セット・トップ・ボックス、デジタルVTRなどへの搭載やパソコンとの接続が進められた。HAVi機器の特長として、VTRの録画予約機能を他社製のVTRからも使用できるなど、他社製機器からアプリケーション・ソフトを制御可能にする機能、接続機器のドライバーソフトを自動的にコントローラー内に登録させてプラグ・アンド・プレイを可能にする機能、時計あわせのような他の機器に備わっている機能の一部を抜き出して利用できる機能のほか、モデム機能、チューナー機能など外部の機器からも利用できる11種類の機能があるとされていた。ほかに、コンピュータ言語Java(ジャバ)による分散処理環境により機器間の接続を実現するJini(ジニー)や、マイクロソフト社が中心になって提唱するUPnPがあり、HAViと併存するとみられたが、UPnPがデファクトスタンダード(事実上の標準)となり、HAViは普及しなかった。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android