コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UPnP ユー ピー エヌ ピー

4件 の用語解説(UPnPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UPnP

LANに接続した機器が自動的に認識されて利用できるようになる技術。家庭内のパソコン周辺機器AV機器家電製品などをネットワークで接続して、利用しやすくする仕組みとしてマイクロソフト社が提唱した。周辺機器を物理的に接続すればそれをOSが自動的に認識してくれるプラグアンドプレイのネットワーク版ともいえる。ブロードバンド・ルーターには、Windows MessengerのようにLAN内から使用できないアプリケーションをルーターの設定変更なしに利用可能にする機能として搭載されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

UPnP

ユニバーサル・プラグ&プレイ(Universal Plug and Play)の略称です。ネットワークで接続された機器同士が自動的に情報を交換し合って、正しく通信できるよう互いに自動設定を行う仕組みです。現在は、特殊な通信を行うソフトIP電話で利用されています。
⇨NAT、プラグ&プレイ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ユーピーエヌピー【UPnP】

パソコンとその周辺機器だけではなく電話や家電製品も、LAN(ラン)などのコンピューターネットワークに接続するだけで各種の設定を自動的に行い使用できるようにする仕組み。1999年にマイクロソフトが提唱。◇「universal plug and play」から。「ユニバーサルプラグアンドプレイ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

UPnP
ゆーぴーえぬぴー
Universal Plug and Play

ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイの略。パソコンや家電製品を簡単にネットワークに接続して利用できるようにするための規格。アメリカのマイクロソフト社が、内外54社の賛同のもと、1999年にヒューレット・パッカード(HP)、コンパック・コンピュータ(現、HP)、インテルなどと規格を作成し、ソフト開発キットを出荷するとともにWindows(ウィンドウズ) XP以降のWindows OS(オペレーティングシステム)に標準搭載している。UPnPは、機器相互の認識やアドレス設定方式はインターネットでの標準技術を用い、パソコンが介在しない環境でも機器同士を接続できる。たとえば、デジタルカメラとプリンターを無線でつないで印刷したり、テレビとつないで再生したりすることができる。また、情報端末では電話線経由でCD(コンパクトディスク)プレーヤーの操作や、CD-ROMの画像データのディスプレーも可能になる。同様の規格として、IEEE1394を使ったHAVi(ハビ)や、サン・マイクロシステムズ(現、オラクル)が開発したJini(ジニー)などがあったが普及せず、UPnPがデファクトスタンダード(事実上の標準)となった。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

UPnPの関連キーワード周辺機器ダイヤルアップルーターHUBホットプラグ無線LANUSBバックボーンLANLAN間接続

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

UPnPの関連情報