コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KADOKAWA・DWANGO かどかわどわんご

1件 の用語解説(KADOKAWA・DWANGOの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

KADOKAWA・DWANGO

2014年10月1日に設立予定の持ち株会社株式会社KADOKAWA株式会社ドワンゴが、共同株式移転によってつくる新会社の傘下に入って経営統合することになる。5月14日にそれぞれ取締役会を開き決定したのを受けて、記者会見で正式発表された。豊富なコンテンツと高いネット発信力を併せ持つメディアが誕生することになると期待される。
両社は経営統合に先立ち、10年10月には包括的業務提携、11年5月には資本提携を行って、相互に役員を送ったり合弁会社を持ったりしてきた。両社のコラボレーションにより互いの収益に貢献するなど、事業提携が順調に進んできたことが経営統合につながったとのこと。KADOKAWAは出版事業、映像事業などコンテンツ創出力とブランドを活かして知的財産(IP)を核とした事業を進めてきた。ドワンゴモバイル端末向けコンテンツ配信サービスやゲームソフトの開発・販売などを行い、日本最大級の動画サービスであるniconico(ニコニコ動画ニコニコ生放送)を展開する。両社が経営統合することで、角川の持つコンテンツ力とドワンゴの持つIT発信力が大きな相乗効果を生み出し、「世界に類のないコンテンツプラットフォーム」の確立が目指せるとする。
今回の経営統合は、米アマゾングーグルなどが先行しリードする市場への、日本企業による挑戦ともいわれる。しかし、経営統合する両社合わせても売り上げは2千億円にも足らず、社内の不協和音も報じられている。更に日本の他のコンテンツ制作者などから賛同が得られるかどうかについても不透明で、先行きは楽観できないと言われている。

(金谷俊秀  ライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

KADOKAWA・DWANGOの関連キーワードTBS持ち株会社金融持ち株会社・金融持株会社持ち株・持株持ち株会社・持株会社放送持株会社東京放送ホールディングスフジメディアホールディングス従業員持ち株会とみなし配当日本航空の経営統合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

KADOKAWA・DWANGOの関連情報