Sマーク(読み)エスマーク

デジタル大辞泉の解説

エス‐マーク【Sマーク】

《Sはsafety》特に高い安全性が求められる特定の生活用品につける、安全基準合格マーク。家庭用圧力鍋(なべ)・乳幼児用ベッド・野球用ヘルメットなどに適用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流通用語辞典の解説

Sマーク【safety mark】

消費生活用製品安全法」にもとづき、家庭用品の安全確保のため、消費者の生命・身体に危害を及ぼすおそれの多いものを特定製品として指定し、安全基準をパスしたものにつけるマーク。Sマークがない特定製品の販売は許されないことになっている。安全基準の内容は、構造、強度、爆発性、可燃性などであり、その検定は製品安全協会が行なう。Sマークの製品はさらに一定の条件をみたせばSGマークをつけることができる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android