コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

S状結腸 エスじょうけっちょうsigmoid colon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

S状結腸
エスじょうけっちょう
sigmoid colon

下行結腸末端直腸上部を結ぶS字形に折れ曲っている結部分。左下腹部にあり長さはおよそ 25~45cmで,全周腹膜で包まれ,S状結腸間膜によって支持されているので,自由に動くことが可能である。最近,直腸鏡 (レクトスコープ) が発達したことにより,この部位の高位直腸癌などの診断が容易となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エスじょう‐けっちょう〔‐ジヤウケツチヤウ〕【S状結腸】

大腸の主要部分である結腸の末端にあたる部分。腹部の左側にある下行結腸に続き、S字型にカーブしながら直腸へつながる。S字結腸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

S状結腸

 S字状結腸ともいう.結腸の一部で,下行結腸に続き,直腸へつなげる部分.Sの字のような形態であることから命名されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

S状結腸
えすじょうけっちょう

大腸のなかの結腸に属し、その最下端にあたる部分で、上方は下行結腸に続き、下方は直腸になる。位置、長さには個体差があるが、長さは約45センチメートルほどである。正常では骨盤内にあるが、腹腔(ふくくう)内の場合もある。左大腰筋の前方で小骨盤縁から始まり、第3仙椎(せんつい)あたりで正中線に向かって大ざっぱなS字を画いて彎曲(わんきょく)し、直腸に終わる。完全に腹膜に包まれているから、S状結腸間膜をもち、骨盤壁に結合されているが、可動性がかなり大きい。前方には迂曲(うきょく)した小腸があり、これによって、男性では膀胱(ぼうこう)、女性では子宮と隔てられている。糞便(ふんべん)が停滞しやすい部分で、便秘による堅い刺激で疼痛(とうつう)がおこることがある。また、S状結腸炎をおこすこともある。とくに長くて移動性の大きいS状結腸はS状結腸過長症といい、S状結腸捻転(ねんてん)症の原因ともなる。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

S状結腸の関連キーワードしぶり腹(テネスムス/裏急後重)エスじょうけっちょう腸間膜動脈・静脈虚血性大腸炎骨盤腹膜炎尿路変更術大腸切除術消化管出血子宮内膜症細菌性赤痢巨大結腸症結腸がん大腸がん人工肛門結腸癌内膜症再建術大腸癌大腸炎腸管

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

S状結腸の関連情報