コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SPF エスピーエフ

デジタル大辞泉の解説

エス‐ピー‐エフ【SPF】

sun protection factor》日焼け止めオイルや化粧品が、UVB紫外線B波)を防止する効果を示す数値。数値が高いほど防止効果が高い。SPF値。→UPFPA

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SPF値
えすぴーえふち

日焼け止めの紫外線(UV:ultraviolet rays)防止効果を示す指標の一つ。紫外線B波(UVB波)による日焼けをどこまで防止できるか、その効果を表す数値である。日焼けで皮膚に赤い斑点が現れるまでの時間をどれだけ延長できるか、すなわち日焼け止め効果を数値で表す。SPFはSun Protection Factor(紫外線防御指数)の略で、たとえばSPF20とは、この日焼け止めを1平方センチメートル当り2ミリグラム塗った場合に、皮膚に赤い斑点が現れるまでの時間を20倍まで延長できることを示す。このSPF20の日焼け止め化粧品を、UVB波を浴びて20分程度で赤い斑点が現れる人に使用した場合、20×20=400分ほど赤い斑点が現れるまでの時間を延長でき、400分の日焼け止め効果が期待できる。SPFの数値が大きいほど日焼け防止効果が高いが、日本では薬剤の皮膚への負担を考えてSPF値の上限を50と定めている。
 太陽光に含まれる日焼けの原因となる紫外線には波長の長い順に紫外線A波(UVA波)、紫外線B波(UVB波)、紫外線C波(UVC波)があるが、地表に到達し人体に影響を及ぼすものはUVA波とUVB波で、そのうちほとんどがUVA波であり、UVB波は10%程度である。波長が短いものほど人体への影響が強いことから、従来は、日焼けのおもな原因となるのは強いエネルギーをもつUVB波であり、これが皮膚にしみを発生させる主因とされてきた。しかし近年の研究で、波長が長く肌の深部にまで到達するUVA波も、長い時間のうちに肌に影響を及ぼし皮膚を黒化させ、しみの原因となることがわかってきた。このUVA波の防止効果を表す指標がPA(Protection Grade of UVA、UVA防御指数)で、これに高い防止効果を示す化粧品も次々と開発され、2013年(平成25)時点でPA++++(ピーエーフォープラス)が最高値となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

SPFの関連キーワード国際身体活動体力研究評議会ダイナミックルーティングピーチポークとんトン豚プラズマ・核融合学会南太平洋非核地帯条約太平洋諸島フォーラム北海道育ち/ひこま豚オセアニア史(年表)リシルブラジキニン長崎大西海SPF豚南太平洋フォーラムUVインデックスシャーフベルク核兵器禁止地域天草梅肉ポークラロトンガ条約ほそやのまる豚長崎じげもん豚サンケア指数エスピーエフ

SPFの関連情報