UNウィメン(読み)ユーエヌウィメン

デジタル大辞泉の解説

ユーエヌ‐ウィメン【UNウィメン】

UN Women》男女平等と女性の地位向上の促進に取り組む国連の専門機関。国連婦人開発基金(UNIFEM(ユニフェム))など4機関が統合して2010年7月に設立。本部はニューヨーク。正式名称は「ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関(United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women)」。UNウーマン
[補説]統合したのは、国連経済社会局女性の地位向上部(DAW)、国際婦人調査訓練研修所(INSTRAW)、ジェンダー問題事務総長特別顧問室(OSAGI)、国連婦人開発基金(UNIFEM)の4機関。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

UNウィメン
ゆーえぬうぃめん
UN Women

男女平等の実現や女性の地位向上を目的とする国際連合総会の補助機関。UNウイメンとも表記する。2010年7月の国連総会決議に基づき、国連女性開発基金(UNIFEM)、国連女性地位向上部(DAW)、国際婦人調査訓練研究所(INSTRAW)、国連ジェンダー問題特別顧問事務所(OSAGI)の四つの国連機関を統合して発足し、2011年1月から活動を開始した。UNウィメンは略称で、正式名称は「ジェンダー平等と女性の権限拡大のための国際連合機関United Nations Entity for Gender Equality and the Empowerment of Women」である。女性の社会参画の拡大、女性の権限や政治参加の拡大、女性の経済的自立の支援、女性や女児への暴力根絶、紛争解決への女性の参加、妊産婦の死亡率改善、エイズ(HIV)などからの女性の保護、人権侵害に対する警鐘などを優先課題として活動している。ニューヨークの本部のほか、地域事務所と国別の事務所を置く。事務局長を長とし、41か国で構成される執行理事会のもとで活動を行う。初代事務局長はチリ初の女性大統領であったミチェル・バチェレ・ヘリアMichelle Bachelet Jeria(1951― )で、2013年からは南アフリカ共和国初の女性副大統領であったプムズィレ・ムランボ・ヌクカPhumzile Mlambo-Ngcuka(1955― )が第2代事務局長を務めている。
 UNウィメンの活動を支援するため、世界18か国に独立の非政府組織(国内委員会)があり、日本にも認定NPO法人国連ウィメン日本協会がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

UNウィメンの関連情報