女性学(読み)じょせいがく(英語表記)women's studies

日本大百科全書(ニッポニカ)「女性学」の解説

女性学
じょせいがく
women's studies

女性の視点にたって、男性主体の既成の学問を見直す学問。1960年代後半にアメリカで始まったwomen's studiesの訳語。それまでの男性主体の学問が取り上げてこなかった、女性に関するさまざまな問題や経験および性差別の構造を解明するためには、新たな視点と方法論が必要であることから生まれた。

 1960年代に、大学改革運動等の社会運動と並び、女性解放運動ウーマン・リブを中心とする第二波フェミニズム運動)が繰り広げられた。19世紀中葉から20世紀初頭に起こった第一波フェミニズム運動は、女性の参政権獲得を中心に展開されたが、第二波フェミニズム運動は、女性差別の問題は、法律や社会制度の変革だけでは解決できないことを明らかにした。この女性解放運動の理論的支柱を担う役割を期待されて誕生したのが女性学である。

 大学における女性学講座の設置は、アメリカのあらゆる女性解放運動グループが参加した1969年の「女性が結集する会議」で提案された。これを受けて、1970年にカリフォルニア州立サン・ディエゴ大学で最初の女性学のプログラムが組まれ、それ以降、短期間のうちに、アメリカの過半の大学のカリキュラムに取り入れられるに至った。

 日本では、和光大学の名誉教授であった井上輝子(てるこ)(1942―2021)が、1971年(昭和46)に長野県信濃平(しなのたいら)(飯山(いいやま)市)で開催されたリブ合宿で、アメリカの大学でwomen's studiesというものが始まりつつあるとの話を聞いて関心をもった。これを契機として、アメリカで情報を収集し、共著で「アメリカ諸大学の女性学講座」にまとめて、『婦人問題懇話会会報』20号(1974)に発表した。その際に、women's studiesを「女性学」と訳して日本に紹介した。そして井上は、1974年、和光大学で「女性社会学特講」という科目名で、日本で初めての女性学講座を開講した。

 女性学は、その後、1975年の国際女性年(当時は「国際婦人年」)を契機に発展した。関連する学会が誕生し、大学や短期大学において、女性学関連科目が設置されるようになった。

 井上は、女性学が切り開いた学問的功績として、次の三つをあげている。

 第一に、ジェンダー概念の創出である。男女の性格・態度の傾向性、地位、役割等が、生物学的・生理学的性差によるものではなく、社会的・文化的につくられた性差、すなわちジェンダーによるものであることを発見し、生物学的・生理学的宿命論を打破した。

 第二に、性別分業の解明と性役割神話の打破である。性別役割分業こそが、女性差別の根源であるという認識のもと、性役割の構造等に関心が向けられ、近代社会の性別分業が解明された。

 第三に、性と生殖の学問化である。それまで学問の対象とされてこなかった、性と生殖の問題を学問化して、セクシュアル・ハラスメントやドメスティック・バイオレンス等の概念を創出し、また、生殖にかかわる政治や歴史の研究も切り開いた。

 女性学の視点は、人文・社会科学分野のみならず、自然科学分野にも拡大している。

[神尾真知子 2021年11月17日]

『井上輝子「女性学の創出と和光大学の試み」(『和光大学現代人間学部紀要』第4号所収・2011・和光大学現代人間学部)』『伊藤公雄・樹村みのり・國信潤子著『女性学・男性学 ジェンダー論入門』第3版(2019・有斐閣アルマ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「女性学」の解説

女性学
じょせいがく
women's studies

男性学者主導で「男の視点」で論じられることの多かった学問領域に「女の視点」を意識的に入れ,脱男性中心性,さらには脱欧米中心性を志向した知の組み替えをはかろうとするもの。アメリカにおいて,1960年代後半に起こったウーマン・リブ運動を契機に 1970年頃に誕生した。日本の女性学はアメリカの影響を受けつつも,1970~77年頃の日本独自のウーマン・リブ運動の流れをくみ,国際婦人年 (1975) 以降の婦人行政の変化を背景とするなかで,1978~82年頃創出された。女性学の性格については,女性の女性による女性のための学問とする規定と,男女による男女を含めた人間に関する男女のための研究とする規定をめぐって論争がある。これは運動に対するかかわり方の相違であり,現実には,双方の立場は,より広い女性学とフェミニズム運動という関係における対抗的補足性を有している。最近では伝統的な「男らしさ」「女らしさ」という枠組みを取りはずし,「ジェンダー」という視点からとらえ直す研究も活発になった。 1990年に 251校の大学・短大で女性学関連講座が 436講座設置され,また国立女性教育会館をはじめ各自治体の婦人会館で女性学講座が開かれるなど,近年,高等教育分野・社会教育分野での受講生も増加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「女性学」の解説

女性学【じょせいがく】

1960年代以降のウーマン・リブの高まりから生まれた新しい学問。英語ではwomen's studies。女性が主体となり,これまで男性中心に形づくられてきた歴史,社会,文化,法などを問い直し,再考しようとするもの。従来のいわゆる〈女性問題〉研究とは異なり,女性を特殊な問題として扱うのではなく,人類の半数を占める大きな集団として,より一般的な問題と結びつけて考えるところに特色がある。日本では井上輝子らが創始。1970年代末には女性学の学会や研究会が相次いで登場し,1980年代には大学や女性センターにおいて女性学関連講座が増えている。しかし現在のところ日本には学位を与える大学はなく,さらに制度的な充実が求められている。なお,女性学におけるジェンダーセクシュアリティセックス),アイデンティティなどの考察から,ジェンダー研究,男性学,ゲイ・レズビアン研究など,より新しい学問分野も生まれている。→女性史
→関連項目シスターフッド性差別フェミニズム母性保護論争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「女性学」の解説

じょせい‐がく〔ヂヨセイ‐〕【女性学】

women's studies》男性の視点から構築された既存の学問を、女性の視点からとらえ直そうとする新しい学問。1970年代に、アメリカの女性解放運動の中から生まれたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「女性学」の解説

じょせいがく【女性学 women’s studies】

女性に関する研究および講座。1970年に盛り上がった女性解放の運動によって大学に設置された。1960年代の黒人運動および大学紛争において,アメリカでは大学改革の一環として,黒人の地位向上を目ざす黒人学Afro‐American studiesの講座が設置されるようになったが,それに対応している。女性社会学,女性心理学,女性史,女性文学などの種類があり,女性を学問の対象(オブジェクト)とすることによって,あらゆる学問の中に女性の存在をクローズアップさせるばかりでなく,研究主体(サブジェクト)としての女性の眼を重視し従来の学問の偏向をただそうとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android