VRE(読み)ブイアールイー(英語表記)vancomycin-resistant enterococcus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

VRE
ブイアールイー
vancomycin-resistant enterococcus

バンコマイシン耐性腸球菌院内感染の新感染源として注目されている菌。院内感染の原因菌であるMRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) に有効な抗生物質ということでバンコマイシンが用いられてきたが,それに対する抵抗性をもつ菌として発生した。 1986年フランスで初めて確認され,その後ヨーロッパ各地で重症院内感染原因菌として広まった。アメリカでも深刻な問題となり,日和見感染など院内感染菌のなかでも最も治療の困難なものとされている。日本でも 98年7月に九州の病院で死亡患者から初めて検出されたのを皮切りに,相次いで検出が報告され,VREが原因とみられる死者も出ている。そのため VREに有効な次世代抗生物質の開発とともに,病院内での抗生物質の使用は最低限にする必要が講じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

VRE

〖vancomycin-resistant Enterococcus〗
バンコマイシン耐性腸球菌。変異により、バンコマイシンなどの抗生物質に対する耐性を獲得した腸球菌。院内感染の原因菌の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

VREの関連情報