コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

W国立公園 ダブリュこくりつこうえんW National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

W国立公園
ダブリュこくりつこうえん
W National Park

アフリカのベナンニジェールブルキナファソ3国にまたがる国際公園。 1954年設定。面積はベナン地域 5680km2,ニジェール 2200km2,ブルキナファソ 2350km2。標高 250mのラテライトの準平原に多くの河川,渓谷が形成されている。植生はサバナ。ゾウ,ライオン,カバ,チーター,ヒヒ,ジャッカル,イボイノシシなどの野生動物が豊富。ニジェール領地域は,1996年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドゥブルベ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【W国立公園】

ニジェール、ベナン、ブルキナファソの3か国にまたがる国立公園。サバンナ熱帯雨林という異なる環境を持ち、豊かな生物相を形成する。公園の名は、園の北端に接するニジェール川の流れが、W(ドゥブルベ)の字を描くように蛇行していることにちなむ。1996年、公園のニジェール領内が世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

W国立公園の関連キーワードアルリ国立公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android