iPod(読み)アイ ポッド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

iPod

アップル社が開発・販売している携帯音楽プレーヤー。パソコンに接続すると、音楽管理ソフト「iTunes」に登録されている曲が自動的に転送され、iPodの内蔵ハードディスクまたはフラッシュメモリーに保存できる。2001年に発売されて以降、モデルチェンジが繰り返され、2009年12月現在、iPod touch、同classic、同nano、同shuffleの、4つの製品がある。iPod shuffle以外の4製品は、音楽以外に写真やスケジュールといったデータを格納・参照でき、iPod touchはiPhoneと同様にApp Storeからアプリケーションをダウンロードできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

iPod

アップルの携帯音楽プレーヤーの製品名です。パソコンからMP3AAC形式の音楽データを転送することで、数千曲の音楽を保存、再生できます。機種によっては映像の再生などにも対応します。
⇨AAC、MP3、ポッドキャスト

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

iPod
アイポッド

アップルが開発した小型携帯デジタル音楽プレーヤの商標。大容量のハードディスクドライブ (→磁気ディスク) ,大画面の液晶ディスプレイ,ドーナツ型のコントローラを採用し,2001年10月,アメリカ合衆国で 399ドルで発売開始。その機能やデザインのみならず,パーソナル・コンピュータで動画や音楽を再生・管理するソフトウェア iTunesを使ってコンテンツの購入やダウンロードができる音楽配信サービス,iTunesミュージックストアと容易に連携でき,注目を集めた。当初はマッキントッシュ Macintosh専用だったが,2002年ウィンドウズ Windowsにも対応,シェアを拡大した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

iPod
あいぽっど

アメリカのアップル社が開発・発売した携帯デジタル音楽プレーヤー。1~160ギガバイトの容量をもつハードディスクあるいはフラッシュメモリーを内蔵しており、約240~4万曲の記憶が可能。iTunes(アイチューンズ)というパソコンソフトを使用してパソコンと接続することで、音楽を転送し聴取することができる。具体的には音楽CDをパソコン上でiTunesを使って聴取可能なデータに変換・蓄積し、コピーしてiPodに転送するほか、インターネットを利用して有料音楽配信サイトのiTunes Store(アイチューンズ・ストア)から曲をダウンロード購入し、iPodに転送することもできる。
 初代のiPodは5ギガバイトの容量をもち約1000曲の記憶が可能で、2001年に発売されて大ヒットを記録した。以後、何度か改良を繰り返し、2013年時点では音楽再生機能のみのiPod shuffle(アイポッドシャッフル)のほか、カラーディスプレーで動画や静止画の再生もできるiPod nano(アイポッドナノ)、iPod classic(アイポッドクラシック)、iPod touch(アイポッドタッチ)の4機種が発売されている。iPod nano、iPod shuffleおよびiPod classicでは、iTunes Storeからダウンロードしたポッドキャストを楽しむことができる。またiPod touchにはインターネット接続機能がついており、パソコンに接続することなく端末から楽曲をダウンロード購入できる。容量が160ギガバイトのiPod classicの場合で、音楽の連続再生時間が最大36時間(ビデオでは最大6時間)、完全充電時間は約4時間。
 iPodの登場により、携帯デジタル音楽プレーヤーの普及が急速に進んだ。また、iPod、iTunes、iTunes Storeの連携による音楽配信は大反響をよび、オンラインで楽曲等をダウンロード購入するという形態を一般的なものにした。[編集部]
『伊藤伸一郎著『AppleジョブスのiPod革命――マッキントッシュ、ピクサー、iPodを生み出した男のカリスマの証明』(2006・ぱる出版) ▽スティーブン・レヴィ著、上浦倫人訳『iPodは何を変えたのか?』(2007・ソフトバンククリエイティブ) ▽林信行著『アップルの法則――驚きのアイデアと戦略の秘密』(2008・青春出版社) ▽大谷和利著『iPodをつくった男――スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス』(アスキー新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のiPodの言及

【深海掘削計画】より

…掘削船としてはグロマー・チャレンジャー号Glomar Challenger(1万1000トン)が使用されてきた。1976年以来,この計画は米,日,英,仏,独,ソ連の国際協同によるIPOD(アイポツド)(International Programme of Ocean Drilling)となり,1983年秋,第96節航海をもって終了した。掘削地点の総数は624ヵ所であった。…

※「iPod」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

iPodの関連情報