コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

s過程 エスかていs-process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

s過程
エスかてい
s-process

進化の進んだ恒星内部での重元素合成過程の1つ。sは slowの略。ヘリウム燃焼過程に付随して生じた中性子を約 1000年に1個の割合で徐々に捕獲し,鉄 56 より重い核種が次々に合成される。ビスマス 209 に達すると,それが中性子を捕獲し,次にβ崩壊してポロニウム 210が生じる。これはすぐにα崩壊し鉛 206となり,s過程はここで終る。 (→r過程 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐かてい〔‐クワテイ〕【s過程】

恒星進化の最終段階における元素合成。漸近巨星分枝星(AGB星)の内部で中性子捕獲によって核子数が増えることで生じる。sは「遅い」(slow)を意味し、β崩壊にかかる時間が長く、次の中性子捕獲まで長い時間がかかることを意味する。鉄よりも重い重元素のうち、特にストロンチウムバリウムの合成に寄与する。スロープロセス。→r過程

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

s過程の関連キーワード元素の起源p過程

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android