コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《紅楼夢研究》批判 こうろうむけんきゅうひはん

世界大百科事典 第2版の解説

こうろうむけんきゅうひはん【《紅楼夢研究》批判】

中国,解放後の知識人の意識変革をめざす大運動の一つ。唯物論思想を,古典《紅楼夢》研究にどう具体的に適用するか,学術権威を無名の青年が批判し,それを毛沢東が1954年10月16日手紙を書いて支持する形で繰り広げた運動。批判論文を採用するかどうかの手続問題から,馮雪峰(ふうせつぽう)らの《文芸報》編集部自己批判をも引きおこした。胡適の《紅楼夢考証》(新紅学)の系統を継ぐ兪平伯(ゆへいはく)は《紅楼夢研究》《紅楼夢簡論》などで,《紅楼夢》を色即是空を表す観念小説で,作者曹雪芹の嘆きの自伝とみなした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

《紅楼夢研究》批判の関連キーワード胡適思想批判李希凡