いざ(読み)イザ

デジタル大辞泉の解説

いざ[名]

いざこざ」の略。
「少しやそっとの―があろうとも縁切れになって溜る物か」〈一葉にごりえ

いざ[感]

[感]相手を誘って一緒に事を始めるときや思いきって行動しようとするときに発する語。さあ。どれ。「いざ、出かけよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いざ

( 感 )
人を誘ったり、張り切って事を始めようとする時に発する語。さあ。どれ。 「 -、出発」 → いざや
( 副 )
(下に「となると」「という段になって」などを伴う)重大な局面にいたったさまを表す。 「 -自分でするとなると難しいものだ」
(下に「てみると」を伴う)さて思い切って。 「 -中に入ってみると、もぬけの空だった」 〔本来「いさ」と「いざ」は別語であるが、混同されておもに「いざ」が用いられるようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いざの関連情報