コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いざ イザ

デジタル大辞泉の解説

いざ[名]

いざこざ」の略。
「少しやそっとの―があろうとも縁切れになって溜る物か」〈一葉にごりえ

いざ[感]

[感]相手を誘って一緒に事を始めるときや思いきって行動しようとするときに発する語。さあ。どれ。「いざ、出かけよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いざ

( 感 )
人を誘ったり、張り切って事を始めようとする時に発する語。さあ。どれ。 「 -、出発」 → いざや
( 副 )
(下に「となると」「という段になって」などを伴う)重大な局面にいたったさまを表す。 「 -自分でするとなると難しいものだ」
(下に「てみると」を伴う)さて思い切って。 「 -中に入ってみると、もぬけの空だった」 〔本来「いさ」と「いざ」は別語であるが、混同されておもに「いざ」が用いられるようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いざの関連キーワード怠け者の足から鳥が起つ常常綺羅の晴れ着なし十文字学園女子大学宝は身の差し合わせ宮崎県日南市隈谷トランキライザー月読尊・月夜見尊いざという時用を成さない帰りなんいざさあという時白山比咩神社嫁ぎ教え鳥いざ知らず白子屋お熊級長津彦命吾妹子をいざいざ赤ら少女恋教へ鳥

いざの関連情報