うさぎ座(読み)うさぎざ(英語表記)Lepus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うさぎ座
うさぎざ / 兎座

冬の宵の中天、オリオン座のすぐ南に接する星座。3等と4等の4個の星が、小さな四辺形をつくっている。小星座だが歴史は古く、紀元前3世紀ごろ星空を歌ったアラトスの天文詩にも現れており、プトレマイオスの48星座の一つでもある。ギリシア神話の狩人(かりゅうど)オリオンが追ったウサギの姿をここに置いたものらしい。天体としては、球状星団M79がβ(ベータ)星の南にある。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android