コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うなり beat

翻訳|beat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うなり
beat

振動数がわずかに異なる2つの波が重ね合されたとき,振幅が周期的に変化する合成波を生じる現象。うなりの振動数は2つの波の振動数の差で与えられる。可聴音の場合,うなりの振動数が6~7Hz以下なら耳で聞き分けられるが,それ以上になると濁った不快な音になる。2つの波の振動数が等しいとうなりは消失するから,振動数の一致を調べるのに使われる。電波の場合は英語のままビートといい,ヘテロダイン受信などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うなり
うなり
beat

振動数の値がわずかに違う二つの振動が重なるとき、二つの振幅がだいたい同じ大きさである場合には、振動が周期的に強くなったり弱くなったりする。これをうなりという。振動数がわずかに違う二つの音叉(おんさ)の放つ音波には、うなりが生ずる。日本の寺の釣鐘の音には、うなりの聞かれるものが少なくない。うなりには、振幅が最大となる腹(はら)と振幅が最小となる節(ふし)が次々に現れる。うなりの周期は、二つの振動の振動数の差の逆数に等しい。したがって、二つの振動数の差が小さくなると、うなりの周期が長くなり、二つの振動数が一致すれば、うなりは生じなくなる。うなりのこのような性質は、楽器の調律に利用される。うなりがもっともはっきりするのは、二つの振動の振幅が等しく、節における振幅がゼロとなる場合である。うなりは、位相速度ではなく、群速度とよばれる速度で進行する。[飼沼芳郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

うなりの関連キーワードヘテロダイン周波数計ドローン(音楽)吸収型周波数計ブル・ロアラービート周波数サーフビートブルロアラー周波数変換ぽっくり病金科玉条神上がるムササビ電子楽器神代独楽都はるみ小林有也埋もれるウーハー上総角凧思ひ懸く

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うなりの関連情報