コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おふくろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おふくろ
おふくろ

田中千禾夫(ちかお)の一幕戯曲。1933年(昭和8)雑誌『劇作』3月号に発表された処女戯曲。同年6月築地(つきじ)座によって田村秋子主演で初演され、一躍注目を浴びた。第二次世界大戦後も俳優座や文学座で上演された戦前戯曲の傑作の一つ。夫を失い、女手一つで息子英一郎と娘峰子を育て上げたおふくろ、坂(さか)は、ある日、自分にないしょで息子が家庭教師をし、名古屋への就職先まで決めていたことを知る。子供から男性への成長を知った驚きと疎外された寂しさを味わい、大いに動揺するが、ついには息子に従う決心を固める。母子、兄妹の間に交わされる心理的陰影とリズムに富んだ会話は心理的会話劇の一典型とされる。[石澤秀二]
『『おふくろ』(1955・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

おふくろの関連キーワード旅路 おふくろさんより拝啓、父上様岩崎加根子渡部絵里香勿体らしい桃井かおり荒木 道子猪俣 公章川谷 拓三厚木 たか田村 秋子旭屋光太郎河野 貞子大崎由利子下がり取り御引き摺りしんば春夫田村秋子石澤秀二川内康範

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おふくろの関連情報