コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お千代・半兵衛 おちよ・はんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お千代・半兵衛 おちよ・はんべえ

浄瑠璃(じょうるり)の登場人物。
八百屋半兵衛の妻お千代は,姑(しゅうとめ)にきらわれ,義理と愛にしばられ,夫と大仏勧進所で心中する。享保(きょうほう)7年(1722)大坂寺町でおきた夫婦心中事件をもとに,近松門左衛門が「心中宵庚申(よいごうしん)」をかく。歌舞伎では4代鶴屋南北作の「三箇荘曾我島台(さんかのしょうそがのしまだい)」が有名。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

お千代・半兵衛の関連キーワード心中二つ腹帯八百屋半兵衛心中物浄瑠璃祭文

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android