コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

お[五十音]

五十音図ア行の第5音。五母音の一。後舌の半閉母音。[o]
平仮名「お」は「於」の草体片仮名「オ」は「於」の偏から変化したもの。

お[感]

[感]驚いたときや急に気がついたときに発する語。あっ。「、あれはなんだろう」

お[助詞]

[助][助詞]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図ア行第五段の仮名。後舌の半狭母音。
平仮名「お」は「於」の草体。片仮名「オ」は「於」の偏から。

( 感 )
軽い驚きの気持ちを表す語。あっ。 「 -、速いな」

( 格助 ・接助 ・間投助 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第1行第5段の仮名。平仮名の「お」は「於」の草体から、片仮名の「オ」は「於」の偏から変化してできたものである。万葉仮名では「意、憶、於、淤、應、飫(以上音仮名のみ)」などが使われた。音韻的には5母音の一つ/o/にあたる。唇を丸め、奥舌で口の広がりが中ぐらいの母音である。
 オ段長音であっても、その引き音節部分が、歴史的仮名遣いで「ほ」とされていたものは、「おおきい」「とおい」などのように表記される。
 古くワ行の「を」「ヲ」は別音で、/wo/を表した仮名であり、現在これらは、原則として助詞以外には用いられない。「を」は「遠」の草体から、「ヲ」は「乎」の初めの3画からできたものである。万葉仮名では「乎」「呼」「袁」「遠」「越」(以上音仮名)、「男」「雄」「緒」(以上訓仮名)などが使われた。ほかに草仮名として「(越)」「(緒)」「(尾)」「(乎)」などがある。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

おの関連キーワード二階堂盛義妻白子屋お熊大蔵弥太郎前張の大口御切り込み早野勘平斎藤きち保良の方大月お源おわら節柳屋お藤田舎館市西大路町半狭母音はむき御愛想本寿院小笠原お帰り美化語

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おの関連情報