コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かと言って カトイッテ

デジタル大辞泉の解説

かと‐いって【かと言って】

[連語]あることを言ったあとで、そのことから予想される反対の事柄、または付加的な事柄を打ち消す場合に接続詞的に用いる。そうかといって。そうだからといって。「嫌っているようすはないが、かと言って好意を抱いているとも思えない」「このままでは勝ち目はないけれど、かと言ってここで引き下がるわけにはいかない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かといって【かと言って】

( 連語 )
前に述べた事柄と相関(逆相関)関係にある事柄を、打ち消す場合に用いる。 「金はほしいが、-働きたくはない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かと言っての関連キーワード現金輸送車乗り逃げ事件言う・云う・謂うそうかと言って準結晶然う事柄宛ら

かと言っての関連情報